Skip to content

コンタクトレンズの処方箋に書かれている内容とは?

眼科で検診を受け処方箋を出してもらうとコンタクトレンズを購入することが出来ますが、そこにはどのようなことが書いてあるのでしょうか?

コンタクトレンズの種類を表すには記号Dで表される度数と記号BCで表されるベースカーブ、記号DIAで表されるレンズの直径が使われます。

乱視にも対応しているものの場合は記号CYLで表される乱視度数と記号AXISで表される乱視軸も記されています。

処方箋にはこれらそれぞれの数値が書かれていて、数値が一致するものがその人にぴったりのコンタクトレンズになるというわけです。

このようにして見方がわかると、一度処方箋を出してもらえればその数値に一致するものを購入すればよいわけで、購入するたびに眼科の検診を受けない人も多くいます。

最近ではインターネットでの通信販売の価格が店頭販売価格よりも安いことが多いために、以前もらった処方箋の数値を元に通信販売で購入する人も多くなっています。

とても賢い買い方ですが、視力はずっと同じとは限りませんので、同じ数値ばかりを信用しすぎるのは少し危険かもしれませんね。

コンタクトレンズの処方箋に書かれている数値について少し詳しくお話します。

Dで表される度数は+の数値は近視を、-の数値は遠視を表していて、数が大きいとその分近視及び遠視が強いことになります。

±0であれば、どちらもないことを表します。

DはPOWERやSPHと表記される時もあります。

BCで表されるベースカーブは目のカーブを表していて、数値が小さいとカーブが大きく、数値が大きいとカーブが緩やかになります。

コンタクトレンズの装着時にずれたり痛くなったりしないために、目のカーブと合わせることはとても大切なので、この数値はとても重要ですね。

CYLであわらされる乱視度数は数値が大きくなると度合いが強くなります。

AXISで表される乱視軸は0から180度の角度で表されます。

わかりにくいので一例を紹介すると、AXIS90と表記されている場合は90度の方向に乱視があり、視界の上下がぼやけていることを表しています。

そういった乱視に対応しているコンタクトレンズということになりますね。

ちなみにDIAで表されるレンズの直径はメーカー毎に一つの値で統一されているので、気にしなくても大丈夫でしょう。