Skip to content

メガネとコンタクトレンズ、それぞれの特徴

コンタクトレンズとメガネの特徴はなんでしょう。

メガネは取り扱いが楽ちんで、ファッションとしても人気があります。

視野は120度程度なので、裸眼で見えている範囲よりも少し狭くなります。

コンタクトレンズは顔のイメージが変わらず、激しく動いてもずれにくいためにスポーツにも適しています。

視野は180度と広く、視力矯正に優れています。

また、白内障術後の患者さんにも使用できたり、メガネの矯正では視力の出ない人でも適用できたりします。

同じプラスチックで出来ているものでも、随分違いますね。

それぞれメリットもデメリットもあるので、生活環境や用途によって使い分けたり併用したりすると良いですね。

また、コンタクトレンズには水分を含んでいない固いレンズのハードコンタクトと水分を含んで柔らかくなるレンズのソフトコンタクトがあるので、そちらもそれぞれの特徴に合わせて使い分けすると良いですね。

ちなみに、使い捨てタイプのコンタクトレンズはすべてソフトコンタクトになります。

ハードコンタクトレンズとソフトコンタクトレンズは特徴が全然違います。

ハードは、固く網目状のザルのような構造になっていて、その網目から酸素が通るので最も角膜に酸素が届くコンタクトレンズです。

乱視矯正にも優れていて、長時間つけていても目の負担が少ないです。

水分を含まないレンズなのでカビが生えないなど安全性が高く、耐久性に優れていて2年から3年間使えます。

視力矯正にも優れていて、取り扱いも簡単で水道水で洗えたりします。

反面、固いためにずれたり外れやすく、ゴミが入ると痛いです。

慣れるまで異物感もあるので、始めは辛いかもしれませんね。

ソフトは、柔らかいためにつけ心地が非常によく初めてでも慣れやすいです。

レンズに含まれる水から酸素が供給されるので、酸素の通りはあまりよくありません。

耐久性にはやや劣り、寿命は1年から1年半くらいです。

ずれにくく外れにくいのでスポーツ向きですが、フィット感が良いために目の障害に気付きにくいです。

乱視などの矯正力はやや劣り、レンズに水が含まれるために汚れを取り込みやすいので、お手入れはしっかりとしましょう。