Skip to content

毎日きちんと!コンタクトレンズのお手入れ方法

目の中に入れて使用するコンタクトレンズには涙液分泌によるタンパク質、脂肪、カルシウムなどからできている汚れや女性の場合は化粧品の汚れなどが付いています。

この汚れをそのままにしておくと装用感が悪くなっていき、霞んだり曇ったりして見えにくくなっていきます。

ひどい場合は眼障害の原因となるので、使用後は忘れずにお手入れを行いましょう。

ハードコンタクトレンズの場合、お手入れ方法はは2種類あります。

つけ置き洗いの場合、酵素を利用して汚れを落とします。

洗浄・保存液と酵素液を組み合わせて使うものと洗浄・保存・タンパク除去が一本でできるものとがあるので、好みで使いましょう。

こすり洗いの場合は洗浄液を使って指でこすってあらい、汚れを除去します。

洗浄液には研磨剤が配合されているものといないものがありますが、表面処理をしたガス透過性ハードコンタクトレンズには研磨剤入りのものは使えないので、使用中のコンタクトレンズが研磨剤を使っても大丈夫なものか確認してから洗浄液を選ぶようにしましょう。

一日使い捨てタイプのものから二週間使用のもの、ずっと使えるものなど種類の豊富なソフトコンタクトレンズですが、水分を含んで使用するという特性上、汚れもつきやすく、雑菌やカビが繁殖する可能性があるので、繰り返し使えるタイプのものは毎回きちんとお手入れしましょう。

お手入れ方法は3種類あります。

過酸化水素タイプの洗浄液を使う場合、洗浄・消毒効果が高く、熱による劣化のおそれはありません。

手が荒れやすく、レンズを壊しやすい人にはおすすめのタイプです。

MPS(マルチパーパスソリューション)タイプは、洗浄・消毒・保存が一つの洗浄液で行えて、こすり洗いで洗浄と除菌を行い、保存中に残っている雑菌を消毒してくれる優れものです。

一番消毒効果が高いのは煮沸消毒によるお手入れです。

洗浄液でこすり洗いをした後、加熱して消毒します。

しかし、熱でレンズが劣化してしまったり、レンズによっては煮沸消毒が出来ないものもあるので、使用中のコンタクトレンズが煮沸消毒出来るかどうか確認してから行いましょう。