Skip to content

コンタクトレンズの処方箋ってどうして必要なの?

初めてコンタクトレンズを作ろうと思った時、その処方箋が必要なことをご存知ですか?

そもそも処方箋とは、医師から薬を調剤する薬剤師への文書で、処方箋医薬品を必要とする場合に必ずいる文書です。

でも、お薬ではなく視力補正の器具なのに、どうしてでしょうか。

私たちがコンタクトレンズを作る時はまず眼科に行き、医師の診察を受ける必要があります。

医師の問診で必要とする理由を聞かれたり目や体の状態の確認が行われます。

その後、視力の検査や黒目のカーブの検査、近視、遠視、乱視の度数を計測されます。

これは裸眼状態と矯正した状態で両方測ります。

そしてそれらのデータと問診内容を元に、コンタクトレンズを使っても大丈夫な目ですと医師に判断してもらって初めて作ることが出来ます。

この時に医師が作成する、この人にはこういった種類のものを使うようにして下さいね、と指示がしてある装用指示書のことを一般的にコンタクトレンズの処方箋と呼んでいるのです。

お薬でも種類を間違えると大変なように、間違った種類のものだと効果が得られないので、なるほどなと思いました。

コンタクトレンズは高度管理医療機器と呼ばれるものに該当し、医薬品にはあたりません。

なので、購入する時には薬事法上の処方箋の提出の義務はありません。

でも、店頭で購入しようとした場合、お店には処方箋の提出を求められますよね?

どうしてなのでしょうか?

一つは、お店の販売方針があります。

処方箋を提出してもらって、そのお客様に合うものを間違いなくお渡しするという気持ちの表れでしょうね。

もう一つとしては、コンタクトレンズの製造メーカーがお店に提出を推奨している場合があります。

これは、眼科検診をしないでコンタクトレンズを使用した場合に目に障害が発生するのを避けたいメーカー側の気持ちが表れていますね。

しかし、目に障害が起こる時は使用方法に原因があることが多いのが現状です。

コンタクトレンズの処方箋の大切さはこちら

コンタクトレンズと処方箋について見る

を参考にして下さいね。

目に直接装着して使うものなので、目のトラブルを防ぐために取り扱いや使用期限に注意して、三ヶ月に一度くらいは定期検診として眼科を受診することをお勧めします。

Categories: .